がん転移にもくじけず戦う!|最新医療でがん細胞破壊作戦!

早期発見者の共通点

ハートを持つ女医

胃がんは日本人に多く発症するがん症状です。ですが、自覚症状による早期発見は困難で、気がついたら既に末期の症状にまで陥っているケースも珍しくありません。なので、定期的にがん検診などを利用して早期発見をしましょう。

もっと見る

がん治療にかかる費用

PCを触る医師

がんになったらいちばん恐れてしまうのは、転移です。転移がんはいつ頃発症して、どの臓器に転移しているのかわかりにくいものです。それに、がん治療費の負担額もそれなりに増加してしまうので、保険加入で治療の心配を軽減しましょう。

もっと見る

遺伝子タイプで分別出来る

手

日本人に多い食道がんは、扁平上皮に生じるタイプのものです。しかも、最近になってからどのようなタイプの遺伝子が食道がんにかかりやすいのかも判明してきました。近い将来は遺伝子レベルでがん発症リスクがわかるようになるでしょう。

もっと見る

生存率や副作用の負担軽減

入院患者と看護師

現在の日本は、いわゆるがん社会と言っても過言ではありません。なぜなら、日本人の2人に1人程はがんにかかってしまっている傾向にあるからです。がんは、生活習慣病の一種であるので喫煙などの習慣がある人に多く見受けられる傾向にあります。それに、恐ろしい事にがんは転移を繰り返す可能性が高いものです。外科手術でがん細胞を除去したとしても、がん細胞は既にリンパ節などの組織を経由して他の臓器や骨に転移しているのです。そうなると、体力的にも治療するのが困難になります。一度手術をしてしまい体力が奪われてしまうので、早急に取り除くのは無理があります。そうなると、抗癌剤や放射線治療の選択肢があります。ですが、2つの治療には副作用が生じてしまうので過酷な治療になる覚悟を決めたほうがいいです。なぜなら、嘔吐や倦怠感に脱毛、出血といった症状に襲われるので精神的にもこたえてきます。なので、がんが発覚して転移が確認されたら長期戦での治療を受ける事を念頭に入れておいてください。

最近では、現在行なわれている3大ガン治療法の他にも新たな治療法が確立されてきています。従来のような副作用も確認されていないもので、比較的すみやかにがん細胞を除去できます。仮にがん細胞の転移が発覚したとしても、最新の治療法を用いれば体に負担をかけずに転移したがんを除去できます。どのような治療なのか言うと、免疫療法と陽子線治療です。どちらとも、副作用の心配をしなくても、転移したがんを除去できるので生存率や体の負荷を気にする必要がありません。